定期借地権付物件のメリット・デメリット

土地を借りて建物を建てる際に定期借地権で契約をし、住宅として使用する場合には、一般定期借地権、建物譲渡特約付借地権のいずれかを選択することになります。そんな中で近年都心を中心に増えているのが、定期借地権付物件です。マンションや一戸建てなど、定期借地権がついた物件は多くなっています。

定期借地権付物件を購入する一番のメリットとなるのが、土地の所有権がある物件を購入するのに比べて、土地を借りて建物を建てる定期借地権付物件の方が価格が安いことです。同じ価格でもより広い物件の購入が可能になったり、余剰資金を家電や家具、設備などの購入費用にあてることができます。

これに対してデメリットとして考えられるのが、契約時に設定した期間を超えると契約を更新したり期間を延長することができないので、相続が難しいなどの問題があります。また一般定期借地権の場合は、契約満了時には建物を取り壊して土地を更地にして返還する必要があるので更地に戻す費用などがかかることが挙げられます。

一定期間住むことができる住宅を低コスト確保することができるという部分ではメリットが大きなものとなるので、ライフプランを考えて検討してみましょう。