定期借地権の種類とそれぞれの特徴

定期借地権には一般定期借地権と建物譲渡特約付借地権、事業用定期借地権があります。一般定期借地権とは、存続期間を50年以上として期間が満了すると権利が消滅します。契約更新や期間延長はなく、契約満了後は土地を更地にして返還する必要がありますが、建物の用途が限定されません。

建物譲渡特約付借地権は、契約の存続期間を30年以上に設定し、一般定期借地権と同様に契約更新や期間延長がなく、建物の用途も限定しません。ただし、契約満了の後の建物の取り扱いに関しては土地を借りた側は建物付きで土地を返還することになります。土地を借りた事業者がアパートやマンション、店舗やオフィスなどの建物を建てて経営を行い期間が満了すると地主が建物を買い取って経営を継続していくのが一般的です。

事業用定期借地権は、人が住むためのものではなく、事業のための土地を貸す際の定期借地権です。契約期間は10年以上50年未満で設定され、契約更新はありません。建物の用途に関しては事業用となるので住宅を除く事業用の物件のみとなります。交通量が多い道路に面した土地などでコンビニやファミレス、向上などを建てるために利用されるのが一般的で、事業用定期借地権の場合は契約満了後の建物の扱いに関しては、土地を借りた側から地主へ建物の買取請求をすることはできません。